6月28日に本校会議室にて魅力化研修会を行いました。本校は、県の事業である「授業力向上プロジェクト」の指定を受けています。本研修は、その授業力向上プロジェクトの推進に向けて、今年度着任された先生や授業力向上プロジェクトのサポートメンバーを対象に、本校がこれまで進めてきた知識構成型ジグソー法を中心とした協調学習の理論や実践方法についての理解を深めることを目的として実施しました。

 研修には、県の協調学習マイスターの津和野高校・山根幸久教諭と出雲高校・森脇健二教諭を講師としてお招きし、協調学習の理論や実践方法について講義いただいた後、実際に研修に参加した先生方に知識構成型ジグソー法を「秀吉」という教材を使って体験してもらいました。「秀吉はどのような社会を目指したのか」について、事前に個人で取り組んだ課題の理解が、対話を通じて深まっていくプロセスを実感できました。

 本研修を通して、生徒の主体的・対話的で深い学びの実現に向けてさらに協調学習の研究を前に進めていきたいと思うことができました。また、本研修には、教育指導課の指導主事や矢上高校の先生方も参加され、本校の教員のみならず、他校の先生方とも授業力向上に向けて研究を深めることができ、有意義な時間を過ごすことができました。お忙しい中、講師として本研修でご講義いただいた山根先生・森脇先生ありがとうございました。

 

<研修の様子>

 事前に個人で取り組んだ「プレ課題」について、グループでの「エキスパート活動」と「ジグソー活動」によって知識と理解を深めます。クラス全体で考えを共有する「クロストーク」を経て、再び課題に取り組みます。

 主体的・対話的に研修を進めることができました。

1 2 3 4