2年生理数科が、半年かけて研究してきた課題研究の校内発表会がありました。

情報班、数学班、化学班、地学班、生物1班、生物2班、物理班の7班に分け、1班4~5人のチームになり研究を行います。課題研究は、課題を決め、調査・実験・考察を繰り返すことで進めます。

 

身近な素材を使ったり、大田市をフィールドにするなど、大田高生ならではの研究が多くありました。今日の発表を迎えるまで、放課後も使って頑張って準備している様子が見られました。発表会ではその成果を発揮し、堂々と発表する姿が印象的でした。また、来年度取り組むことになる1年生も発表会に参加し、先輩の発表を聞いて積極的に質問する姿が見られました。

 

3月には益田高校で、課題研究の島根県発表会が行われます。

大田高校からは数学班『余りの規則性』と物理班『おとなりの音』の2班が代表としてが選出され、発表してきます!

 1 2

写真:代表となった2班の発表風景