大田高校100周年事業

大田高校100周年事業

大田高校100周年事業

 

ごあいさつ

会長

卒業生が在校生の活躍を聞いてうれしくなるように、在校生が卒業生の活躍を聞いて誇らしく思えるように、同窓生が同窓生の活躍に心踊らせるように、同じ学舎を巣立ったということは、無意識のうちに互いにつながっています。

そのつながりを大切にして、その原点である、共に学んだ母校大田高校を、あたたかく見守り、支えていく存在でありたいものです。

大田高校が創立100周年を迎えるにあたり、瓶陵会会員の皆様にご寄付を募ることにいたしました。私たちが青春の1ページを過ごした母校のために、ぜひとも皆様のご協力を賜りますよう、お願いいたします。


委員長

明治・大正の古き時代、義務教育終えた子ども達により専門的な知識や技能を身につけさせたいという地域住民の願いが、安濃郡立大田農業学校や大田町立女子技芸学校を生みました。

そして大正10年(1921年)、旧制高等学校等への進学や陸軍士官学校・海軍兵学校入学も視野に入れた学校という地元の熱意が県下4番目の旧制大田中学校を誕生させました。いずれの学校も学びによる人格の陶冶を目指し、地域と共に歩んで参りました。その伝統は大田高校にも受け継がれ現在に至っています。

旧制大田中学校の開校以来百年という節目にあたり、祝賀式典や校史の編纂など様々な事業を計画いたしました。この事業が皆様とふるさとをつなぐ絆の一端となればと存じますので、ご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

募金のお願い

創立100周年にあたり、在学生の学校生活をより充実させる取り組み等への募金を集めます。

皆様のご好意をおまちしています。

創立百周年記念募金趣意書はこちら→ pdfファイル募金趣意書

募金のお願い

100周年募金振込先

 

大田高校の歩み

沿革

現在、情報はありません

このページのトップへ