5月27日(金)に総体の第1回戦が行われ、松江農林グラウンドで三刀屋高校と対戦しました。

 強風の中での試合となり、風下となった前半に3点を失い、結果0対4で敗北しました。後半の巻き返しをめざし、最後まで諦めずに闘いましたが、ゴールをあげることはできませんでした。

 3年生を中心に、緊張感のあるよい雰囲気の中でトレーニングを重ねてきました。1年生が7名入部し、大ゲームでの紅白戦ができるようになるなど、チームとして成長してきただけに悔しい気持ちが強いです。この気持ちを忘れずに、さらなる成長をめざします。

 週明けのミーティングでは、マネージャーを含む7名の3年生が、これまでの活動を振り返るとともに、後輩たちにメッセージを伝えてくれました。改めて3年生の思いの強さを感じることができ、新チームのスタートとして非常に貴重な時間になりました。

 現3年生は入部以降、常にコロナ禍での活動を強いられてきました。大会の中止やトレーニングの中断など、さまざまな制約があったにもかかわらず、常に明るく前向きに部活動に取り組んでくれました。これで部活動は一区切りとなりますが、次はそれぞれの進路実現に向けて、全力で取り組んでくれるものと期待しています。

 3年生の保護者の皆様、本校サッカー部の活動に対して温かくご支援いただき、誠にありがとうございました。


(信頼できる選手・マネージャーたち)浅原・竹内・地﨑・林・松井・生越・古和

◎選手の様子

1 2 3 4