12月14日(火)オンラインで開催された協調学習研究協議会に参加しました。隠岐島前高校の竹田育子教諭の授業(1年生「英語表現Ⅰ」)を動画で事前に視聴し、ふりかえり協議をウェブ会議で行う形式で実施されました。島根県が教育連携協定を結んでいる埼玉県の先生方と、相互に意見を交わすことで「主体的・対話的で深い学び」を実現するための授業改善に取り組んでいくことが目的です。
 授業は、ある問題に直面した男性が取るべき行動とはどのようなものかについて、立場の異なる三者の考えを英文から読み取り、それぞれの思いをふまえた最善の解決策を考えるというものでした。俯瞰的に物事をとらえながら、対話によって最善策を練り上げていく非常に高度なレベルの授業です。本校でも身につけたい力として掲げている「批判的思考力」の育成をねらいとしたすばらしい授業デザインでした。難しい課題を前にしてジレンマに陥りながらも、自分のこととして課題をとらえ、対話的に思考を深めていく隠岐島前高校の生徒さんの姿が印象的でした。
今回も教科の枠を越えて意見交換をすることによって、「主体的・対話的で深い学び」を実現していくために必要となる核の部分についてイメージを共有することができたと感じています。また、埼玉県の先生方と交流することで、授業改善に継続的に取り組んでいくことへの意欲を新たにすることもできました。オンラインでの初対面の方々との交流でしたが、「ジグソー法」という共通言語をベースにした協議が可能であるため、スムーズかつ実りある対話ができたと思います。
授業を提供してくださった竹田先生、隠岐島前高校の生徒のみなさん、ご指導くださったCoREF齊藤萌木先生、協議会に参加された埼玉県・島根県の先生方ありがとうございました。