10月4日(月) 浜田市立第四中学校で行われた協調学習の授業公開に参加してきました。2年生の国語(古典分野)で、『枕草子』にみられる「をかし」という語に着目しながら、作者のものの見方や感じ方に迫るとともに、自分たちが日常的に使用している語彙との接点を探るというデザインの授業でした。教科書に採録されていない章段を取り上げて、読解と思考を求めるという非常にレベルの高く、意欲的な授業でした。生徒のみなさんは、難しい学習課題に懸命に取り組んでいました。課題の設定によっては、高校の授業でも扱うことのできる内容であり、大変参考になりました。
 事後協議では、中学校の先生方とともに振り返りを行いました。生徒の学びの様子を共有し、授業の改善案などについて活発に意見交換できました。また、浜田市教育委員会の前原靖子指導主事の指導助言によって、クロストークをより意味づけるための方策について、認識を新たにすることができました。
校種を越えた交流の場面や中学校の授業を参観する機会が少ないため、大変貴重な機会となりました。今後、中高のさらなる連携も授業改善のためには不可欠だと考えています。
 お世話になりました浜田市立第四中学校の先生方、ありがとうございました。